第三の男 -3rd party-

第三の男 -3rd party-

第三の男 -3rd party-

GUEST DJ:
DJ FUMIYA(RIP SLYME)

DJ:
クボタタケシ
松田'CHABE'岳二(Cubismo Grafico)
畑川司
tomomieland
大出泰士

帽子屋 : CHIRORIN
フード :ズミカレー

20140501000217.jpeg

DJ Fumiya

14歳でDJを始め、クラブで開催されたDJバトル優勝を機に、数々のアーティストのツアーやレコーディングに参加する。18歳でRIP SLYMEに加入、
2001年にメジャーデビュー。02年発表のアルバム『TOKYO CLASSIC』は日本のヒップホップ初のミリオンセールスを記録。これまでに「One」「楽園ベイベー」
「熱帯夜」など、数々のヒット曲を放っている。RIP SLYMEでは、ヒップホップはもちろん、ロック、ソウル、ジャズ、ラテン、ハウス、ドラムンベースなど、
世界中のありとあらゆるダンスミュージックを飲み込んだトラック作りで異才ぶりを発揮。他アーティストのプロデュース、楽曲提供、リミックス制作も多く、
これまでにbird、AYUSE KOZUE、LITTLE、HALCALI、KOHEI JAPAN、真心ブラザース、YO-KING、Fantastic Plastic Machine、Mr.Children、布袋寅泰などの作品
に参加。現在はクラブイベントなどで積極的にDJプレイ。主にエレクトロハウス、バイリファンキ、ドラムンベースなどをスピンしている。初のファースト・ソロアルバム「Beats for Daddy」(WPCL-11224 /¥3,150(tax in))が好評発売中。ミックスCD「DJ FUMIYA IN THE MIX」(WPCL-10779 /¥2,400(tax in))も好表発売中!

20140107214909.jpg

クボタタケシ

91年、伝説のラップグループ「キミドリ」のラッパー/サウンドクリエイターとして活動を開始。93年、アルバム『キミドリ』と、96年『オ.ワ.ラ.ナ.イ』の2枚の公式な作品を残してキミドリはその活動を休止するが、クボタはその間から現在まで数々のリミックス、プロデュース、そしてDJとしての活動を継続中。

中でも98年にスタートしたミックステープ『CLASSICS(1~4)』シリーズはオールジャンルミックスの新しい扉を開き、東京から全国のクラブまで熱狂的なフォロワーを生みだした。今後はミックステープ『CLASSICS- 5』、『NEO CLASSICS-2』を近日リリース予定。

http://www.skylarkin.com/kubota.html
http://www.skylarkin.com/kubota.html

20140107215033.jpgのサムネイル画像

松田岳二

(DJ、ミュージシャン。1970年生まれの弱フェイクB型)'99年にファースト・アルバム「Tout!」を発表。その評価は世界にも飛び火し、オランダ、ドイツ、スペイン、イタリアをまわるヨーロッパDJツアーも行ない、盛況を得た。'01年、映画「ウォーターボーイズ」のサウンドトラックを手掛ける。その後、「Untitled (but one wish)」「Vocoder Block Diagram」「Foga」と3枚のアルバムを発表。平行して、2003年から5人組バンドCUBISMO GRAFICO 5としてライブ活動も精力的行なっている。リミックス・ワークとしては、パフィー、ファンタスティック・プラスチック・マシーン、ロンドン・エレクトロシティ、ピチカート・ファイヴ等を手掛けている
http://www.cbsmgrfc.net/

genre : ALL MIX
open: 22:00
charge : door/2000yen(1d)