after7: vol.61

after7: vol.61 "そこに なにか いる"

after7: vol.61 "そこに なにか いる"

20180720003818.jpeg
8月は "そこに なにか いる" と題し、心霊現象や不穏な空気をテーマに
DJで yohei HIBIKI、TidalCyclesを用いたliveで KURAYAMI のご両名をゲストにお送りします。

また yohei HIBIKI さんには、実話怪談蒐集家 響 洋平 (DJ響) としての一面もご披露いただきます。

GUEST LIVE:
KURAYAMI

GUEST DJ:
yohei HIBIKI

GUEST 怪談:
響 洋平 (DJ響)

DJ:
KAZUHIRO ABO
una


-----

KURAYAMI :

http://kura--yami.tumblr.com/

-----

yohei HIBIKI :

Techno、Minimal、Tech-Houseを軸として、3ターンテーブルによるDJ-MixとScratch/Turntablismを融合した手法で独自のDJスタイルを構築。都内主要クラブでキャリアを重ねると同時に、2005年には当時数多くの敏腕ターンテーブリストが全盛を誇る「VESTAX NOTRICKS SCRATCH DJ BATTLE」に唯一のテクノDJとしてエントリーし初出場で優勝。
リアルタイムでトラックエディットをする様な緻密かつスピーディーなミックス手法とその選曲には定評があり、DJとしてのフロア・コントロールと、バトル優勝歴を持つスクラッチを応用したライブ感をあわせもつDJとして、都内を中心に活動を展開。2004年以降は、YAMAHA主催のベトナム、フィリピン各国での大規模イベントのツアーDJに抜擢され、各都市の主要クラブ、フェスイベントにてDJを敢行し着実に評価を得る。
自身のレジデントパーティー"TECHNOSHIP"では、Claude Young (Different World)、KARIZMA (ex Basement Boys)を招聘する他、国内外の第一線で活躍するDJ・アーティストとも多数共演。また、ターンテーブリストとしてQ-bert、P-Trixをはじめ世界レベルのスクラッチDJとも共演を果たす。2005年より、ミクスチャーバンドのDJとしてアジア各国でのライブツアーおよびトラックリリースに参加する他、2009年には世界各国のDJから評価を得たDJミックス映像作品「3 Turntables & 1 DJ」を制作。シカゴ/上海/ベトナム/台湾でのDJツアーを成功させる等、国内外を問わず精力的に活動を展開している。

-2005年 第6回 VESTAX NOTRICKS SCRATCH DJ BATTLE CHAMPION (優勝)
-2005年 VESTAX NOTRICKS GRANDCHAMPIONSHIP FINALIST(準優勝)

https://youtu.be/7X79EgX0q0
https://www.mixcloud.com/yoheihibiki/yohei-hibiki-clips001/

-----

響 洋平 (DJ響) :

クラブDJ/ターンテーブリストとして活動する傍ら、実話怪談蒐集家としてアンダーグラウンドな活動を展開。
クラブ怪談イベント「アンダーグラウンド怪談レジスタンス」、DJバーを舞台とした「渋谷怪談会」「恵比寿怪談会」等の怪談イベントをプロデュースする他、各種怪談トークライブやTV、映像作品への出演、怪談系書籍やホラー系映像作品へのコンテンツ提供等、地道にオカルト街道を遊行中。
今年8月3日には初単独DVD作品となる「怪奇蒐集者 響洋平(DJ響)」をリリース。足でかせぐ怪談をコンセプトに、全国各地、昼の世界から夜の世界まで、レコードと怖い話を掘り続ける怪談フリーク。

怪奇蒐集者 響洋平(DJ響) [DVD] 楽創舎
https://www.amazon.co.jp/dp/B07CPJZ3FV/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_LfHtBbA4SFNT4

open/start 19:15 - 23:15
charge¥1000 / with 1drink + 何かスイーツなど